【完全版】ドコモから楽天モバイルへの乗り換え方法(MNP)と初期設定

ドコモから楽天モバイル乗り換え

最近話題の楽天モバイル。

ドコモユーザーの方で、楽天モバイルに乗り換えを検討されている方も多いのではないでしょうか?

楽天モバイルは、格安SIMの中で、ダントツのシェアNO.1、25.1%です。
格安SIMの1/4は楽天モバイル なんです。

何故かというと、データ容量超過後も、速度 1Mbpsを維持する、スパーホーダイというプランがあるからです。

1Mbps出ていれば、Youtubeの標準画質 480pが問題なく見れるレベル。
私も契約していますが、問題なく見れています。

しかもなんと、月額、1,480円から契約できるという神プラン。

大幅な節約ができちゃいます。

本記事では、楽天モバイルの料金プラン、いくら安くなるのかっといったところから、実際に乗り換えをする場合の手順や設定方法まで、詳しく解説していきます。

もし、乗り換えの方法などに不安がある方は、参考にして頂ければと思います。

表が横長になっていますので、スマホの場合は、横にスクロールします。

楽天モバイルとは?

 

楽天モバイル 特徴まとめ

楽天モバイルは、ご存知、楽天が運営する格安SIMです。

回線はドコモ回線とau回線が選べます。(スーパーホーダイプランはドコモ回線のみ)

ドコモ回線であれば、電波の届くエリアはドコモと全く同じになりまし、ドコモのスマホがそのまま使えます。

ただ、ドコモ回線の一部を借りて運用していますので、通信速度は落ちてしまいます。。

楽天モバイルの最大の特徴は、先ほどご紹介したデータ速度超過後の速度が、1Mbpsを維持するプランがあるところです。

この速度あれば、使い放題と言っても過言ではないレベルです。
(ただ、回線が混み合う 12時台、18時台は、300kbpsに制限されます)

他社は、だいたい 128kbps~300bpsくらいです。約3~8倍くらい速度です。

しかも、楽天会員であるだけで、10分かけ放題がついて、2GB 1,480円(3年契約)、1,980円(2年契約)と激安プライスです。

更に、楽天だけあって、楽天モバイルのポイントが、+2倍になりますので、買い物で楽天を使われる方には嬉しいですね。

楽天モバイルは。2019年10月から、順次、自社回線に以降していきます。

次世代通信の5Gにも大規模投資をしており、大手3キャリアより先行している部分もある将来的にも期待できる格安SIMです。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルのプランは、大きくわけて、2つに分けられます。

 

  • スーパーホーダイ:10分かけ放題がついて、データ容量超過後の速度は1Mbps
  • 組み合わせプラン:かけ放題はオプション 850円、データ容量超過後の速度は 300kpbs

 

かけ放題を付ける場合は、8割の方が、スーパーホーダイを選んでいます。

スーパーホーダイプラン

楽天モバイル スーパーホーダイ料金 楽天モバイル 割引

楽天会員であるだけで、2年間 500円割引になります。

ほとんどの方が既に会員だと思いますが、会員じゃない方は、無料で3分で終わるので会員登録しましょう。

ですので、実際の価格は楽天会員割引の価格になります。
ダイヤモンド会員は、1年目のみ、500円割引です。

3年契約(契約期限内の解約違約金 9,600円)

【1~2年目】10分かけ放題付き(アプリ 楽天でんわ使用)

  2GB 6GB 14GB 24GB
3年契約割引適用 1,980円 2,980円 4,980円 5,980円
楽天会員割引 1,480円 2,480円 4,480円 5.480円
ダイアモンド会員割 *1年目のみ 980円 1,980円 3,980円 4,980円
 

【3年目】10分かけ放題付き(アプリ 楽天でんわ使用)

  2GB 6GB 14GB 24GB
3年契約割引適用 1,980円 2,980円 4,980円 5,980円
 

2年契約(契約期限内の解約違約金 9,600円)

10分かけ放題付き(アプリ 楽天でんわ使用)

  2GB 6GB 14GB 24GB
2年契約割引適用 2,480円 3,480円 5,480円 6,480円
楽天会員割引 1,980円 2,980円 4,980円 5.980円
ダイアモンド会員割*1年目のみ 1,480円 2,480円 4,480円 5,480円

 

3年契約は、ちょっと長いなって方は、2年契約で良いかもしれません。
激安プライスを3年続けたい方は、3年契約で良いかもしれませんね。

因みに、契約の自動更新はなく、契約期間後はいつでも解約でき、違約金は発生しません。

スーパーホーダイは、ほぼ使い放題なので、一番安い2GBがオススメです。

10分かけ放題は、楽天でんわというアプリを使ってかけなければなりませんが、電話帳もそのまま引き継がれますし、普通のでんわアプリです。

LINEの電話みたいなネット回線を使用した電話ではなく、電話回線を使用した普通の電話です。

1Mbpsがどれくらいの速度なのか見てみましょう。
楽天モバイルの公式サイトで公式に公開している検証動画です。

私も使っていますが、大手キャリアに比べると遅いですが、動画も含めて、普通に使えています。

<動画閲覧>

Web閲覧

普通に見れていますね。
因みに、契約したデータ容量までは、1Mbpsではなく、制限前なのでもっと早いです。

組み合わせプラン

楽天モバイル 組み合わせプラン料金

10分かけ放題オプション:850円、データ速度超過後 300kbps

データSIMというプランは、電話機能がなく、データ通信に使うプランです。
主にタブレットなどに使用されます。

ドコモから乗り換えの方は、通話SIMの欄をみてください。

特に割引がないので、ずっとこの価格です。
契約期間は、1年で違約金は 9.600円になります。

こちらも、契約の自動更新はなく、契約期間後はいつでも解約でき、違約金は発生しません。

縛りが短く、自動更新がないところが魅力ですね。

 

実際いくら安くなるの?

実際いくら安くなるの?

 

ドコモ新プラン ギガライト 5GBと楽天モバイル スーパーホーダイ 2GBで比較

ドコモ  ギガライト 3GB(2年定期契約)からスーパーホーダイ 2GB(2年契約)に乗り換えた場合で比較。
(スパーホーダイは、2GBでも実質使い放題なので2GBプラン、ドコモは、条件を合わせるため、5分かけ放題オプション付で比較)

因みに、かけ放題は、ドコモ5分、楽天モバイルは、10分です。

  基本料金 かけ放題 合計
ドコモ ギガライト 5GB 4,980円 700円 5,680円
楽天モバイル 2GB (2年契約) 1,980円 無料 1,980円
差額     3,700円

毎月 半額以下になり、3,700円、2年間 3,700円×24ヶ月=88,800円 お得になります。

ドコモ新プラン ギガホと楽天モバイル スーパーホーダイ 2GBで比較

ドコモ  ギガホ(2年定期契約)からスーパーホーダイ 2GB(2年契約)に乗り換えた場合で比較。
(スパーホーダイは、2GBでも実質使い放題なので2GBプラン、ドコモは、条件を合わせるため、5分かけ放題オプション付で比較)

因みに、かけ放題は、ドコモ5分、楽天モバイルは、10分です。

  基本料金 かけ放題 合計
ドコモ ギガホ 6,980円 700円 7,680円
楽天モバイル 2GB (2年契約) 1,980円 無料 1,980円
差額     5,700円

毎月 1/3以下になり、5,700円、2年間  5,700円×24ヶ月=136,800円 お得になります。

スーパーホーダイ2GBと比較なので、ちょっと無理やり感はありますが、速度をそこまで気にしない方はは、1/2~1/3以下になります。

ドコモは、2名回線目以上、500円割引、ドコモ光セットで、1.000円割引がありますが、楽天モバイルはこのような割引はありません。

ドコモは割引MAXにした場合、1,500円割引になります。

もし、家族や複数台 4台以上に利用される場合は、OCNモバイルが安くなりますので、OCNをオススメします。

以下のページでOCNモバイルへの乗り換えを紹介しています。

ドコモからOCNモバイル乗り換え(MNP)

【完全版】ドコモからOCNモバイルへの乗換え方法(MNP)と初期設定方法

2019-06-16

 

通信速度比較

SIMWが提供している、リアルタイム速度比較ツールです。
同じ場所、端末で測定していますので、信頼性のある速度比較が可能です。

画面を触れると、ドコモと楽天モバイルの速度が出てきます。

また、上りボタンをとUploadの速度も確認できます。
測定場所は、東京都新宿区になります。

速度に関しては、ドコモのが全然早いですね。

超高速を維持したい方はドコモのままのが良いかもしれませんが、気にせず、料金優先な方は楽天モバイルですね。

店舗数比較

  • ドコモショップ:約2,200店
  • 楽天モバイルショップ:約120店

店舗数は、ドコモは大手キャリアだけあって比べものになりません。

東京や大阪あたりの方であれば、お近くに、楽天ショップはあるかもしれません。

ただ、電話やチャットでのサポートはありますので、対面ではないとダメという人以外は大丈夫だと思います。

楽天モバイルでの特典

楽天ポイントがお得に貯まる

楽天スーパーポイント特典

楽天市場でのお買物で貯まる楽天ポイントが、

  • 楽天モバイルを契約すると、楽天ポイントが+2倍
  • 年会費永年無料の楽天カードを利用すると+2倍
  • アプリを利用すると+1倍

になり、合計6倍になります。

また、貯まった楽天ポイントは楽天モバイルの支払いにも使えます。

楽天カードで、お得に楽天ポイントが貯まる

楽天カードは、年会費永年無料で、楽天ポイントザクザク貯まる大変お得なカードです。

楽天カード
  • カード作るだけで、2,000ポイント
  • 1回利用すると 3,000ポイント(期間限定ポイント)
  • 楽天モバイルの支払いに設定すると 2,000ポイント

合計 7,000ポイント貰えちゃいますので、まだ、持っていない方は是非、申込んで楽天ポイントをザクザクためて得しちゃいましょう!

楽天モバイルの支払いにも使えちゃいます。

申込は下記の公式サイトからできます。

2回線目から、お得なプラス割を受ける

楽天モバイル プラス割 楽天モバイル プラス割

2回線目を申し込むと、月額基本料 3ヶ月無料に、通話SIMの場合は、5,000円割引、キャッシュバックになります。

乗り換えに必要な費用

乗り換えする際に必要な費用です。

ドコモの違約金しない場合

  店舗/電話 ネット(My Docomo)
ドコモ転出手数料 2,000円 2,000円
楽天モバイル事務手数料 3,000円 3,000円
合計 5,000円 5,000円

料金は変わりませんが、待ち時間がないので、インターネットでの手続きをオススメします。

My Docomoでかんたんにできます。

手順は下の項目で説明しますので、安心してください。

ドコモの違約金が発生する場合

  店舗/電話 ネット(My Docomo)
ドコモ転出手数料 2,000円 2,000円
楽天モバイル事務手数料 3,000円 3,000円
ドコモお違約金 9,500円 9,500円
合計 14,500円  14,500円

My Docomoでかんたんにできます。

手順は下の項目で説明しますので、安心してください。

お得な乗り換え(MNP)方法と手順

ドコモは、解約月の料金が日割りではなく、1ヶ月の料金が丸々かかってしまいます。
楽天モバイルの初月の料金は日割りになりますので、切替が月末になるようにしたほうがお得です。

下の②のMNP予約番号の取得を、20日くらいに開始すれば月末までに間に合いますので、20日くらいにスタートするのがオススメです。

今のスマホをそのまま使う場合を想定しています。
楽天モバイルのスマホをSIMとセット購入する場合は、以下の①は必要ありませんので、飛ばしてください。

なお、ドコモのスマホから楽天モバイルのドコモ回線に乗り換え(MNP)する場合は、SIMロック解除は必要ありません。

乗り換えの手順は以下になります。

乗り換え手順
  1. 楽天モバイルで使用可能か確認する
  2. MNP予約番号取得
  3. 楽天モバイルに申込
  4. 商品が届いたらかんたんな設定

そんなに難しくありません。書いてある手順通りにすれば大丈夫です。

節約のためにも、ちょっとだけ、頑張りましょう。

①楽天モバイルで使用可能か確認する

ほとんどのスマホが大丈夫ですが、念のため楽天モバイルに対応しているか確認してください。

(ぶっちゃけ、同じ周波数なので、載っていなくても使えますが、自己責任でお願いします)

②MNP予約番号取得

1.My docomonにログインして、「契約内容・手続き」をクリック

My docomo 契約内容・手続きクリック

2.「ドコモオンライン手続き」をクリック

My docomo ドコモオンライン手続きクリック

3.「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」をクリック

My docomo 携帯番号ポータビリティ予約(MNO)をクリック

4.「My docomo」のリンクをクリック

My docomoのリンクをクリック

5.「解約お手続き」をクリック

My docomo 解約手続きクリック

6.注意書きに目を通し、「上記注意事項を確認しました。」にチェックして「次へ」を3回クリック

 My docomo 次へのクリック

7.「次へ」をクリック

8.「手続きを完了する」クリック

My docomo MNP予約番号 手続き完了をクリック

9.MNP予約番号をメモする

My docomo MNP予約番号表示

以上で、完了です。

MNP予約番号を取得してもドコモの回線は使えますので、安心してください。
楽天モバイルの商品が届いて、楽天モバイルのネットワークにつながったら、自動でドコモ回線が解約されます。

因みに、MNP予約番号には、有効期限 15日がありますので、期限内に楽天モバイルを開通させてください。

もし、有効期限を越えてしまったら、失効して取り直しになります。

ドコモの回線が解約されることもありません。

③楽天モバイルに申込

具体的な申し込み方法を以下のページで、画像付きで詳しく説明しています。

参考にしながら、申し込みしてください。

  • スマホとSIMカードセットで購入の場合
楽天モバイル申し込み方法

楽天モバイル SIM/スマホセット購入の乗り換え(MNP)と申込み方法

2019-06-06
  • SIMカードのみ購入の場合
楽天モバイル申し込み方法

楽天モバイル SIM単体契約の乗り換え方法(MNP)と申込み方法を解説

2019-06-06

④商品が届いたらかんたんな設定

商品が到着しましたら、必要な設定を行います。
(マニュアルが付いてきますので、順番通り設定すれば大丈夫です)

こちらも以下のページで、画像付きで詳しく説明していますので、参考にしながら進めてください。

  • スマホとSIMカードをセットで購入した場合
楽天モバイル 初期設定方法

楽天モバイル スマホ/SIM購入時の回線切替と初期設定(APN設定)方法

2019-07-04
  • SIMカードのみ購入した場合
楽天モバイル 初期設定方法

楽天モバイル SIMカード単体契約 回線切替と初期設定(APN設定)方法

2019-07-04

まとめ

ここまで読んで頂けた方、本当にありがとうございます。

通信速度が超高速ではなく、普通で良いという方には、楽天モバイルに乗り換えることで、料金が、1/2から1/3以下になります。

また、楽天ポイントもザクザク貯まります。

超高速でなくても、良い方は楽天モバイルに乗り方ほうが、かなりお得です。

乗り換えて、上手に節約して、旅行や趣味などに使うのが良いかもしれませんね♪♪