IIJmio(みおふぉん)のおすすめ(機種)スマホを紹介

IIJmioのスマホ紹介

IIJmio おすすめのスマホを紹介

IIJmioの端末はハイスペック~エントリーモデルまで扱っていてバランスが良く、用途にあったスマホが見つけやすいのが特徴です。

オススメの機種を、ハイエンド、ミドルレンジ、エントリーモデルにわけて紹介します。

各レンジで、できることの目安は以下になります。

  ハイエンド ハイミドル ミドル エントリー
重い3Dゲーム ×
普通の3Dゲーム
2Dゲーム
動画閲覧
Web閲覧
通常アプリ
LINE

◎:快適
○:普通
△:厳しい
×:かなり厳しい

ハイエンド

AQUOS ZERO

AQUOS ZERO
  AQUOS ZERO
分割払い 月々 ¥3,350
一括払い 一括支払い ¥79,800
基本情報 メーカー シャープ
発売日 2019年4月
Antutuスコア 270000
ハイエンド
画面 画面サイズ 約6.2インチ
液晶 有機EL
解像度 2,992×1,440
カメラ カメラ画素数 背面 2,200万画素
カメラ画素数 前面 800万画素
バッテリー バッテリー容量 3,130mAh
インターフェース USB Type-C
システム OS Android 9
CPU Snapdragon™ 845
RAM 6GB
内部メモリー 128GB
外部メモリー 不可
機能 ワンセグ ×
防水・防塵
おサイフケータイ
Bluetooth 5.0
認証 顔認証、指紋認証
WiFi 802.11a/b/g/n/ac
サイズ 高さ*横幅*厚さ 73x154x8.8 mm
重さ  約146g

 

AQUOS ZEROの魅力は、処理能力が高く、重たい3Dゲームでもサクサク動くこと。

使っていて、重いと感じ動作はないでしょう。
ディスプレイも有機ELなので、とても綺麗です。

顔認証、おサイフケータイ、防水、防塵にも対応しているので、全てにおいて優れている機種と言えます。

高額な機種ですが、4年くらい使えるスペックなので、長期使用することを前提として購入されるのであれば、決して高くはないでしょう。

詳細は、IIJmio公式サイトで確認できます。

ハイエンド

ZenFone 6

Zenfone6
  Zenfone6
分割払い 月々 \2,750
一括払い 一括支払い ¥64,800
基本情報 メーカー ASUS
発売日 2019年9月
Antutuスコア 356000
ハイエンド
画面 画面サイズ 6.4 インチ
液晶 IPS液晶
解像度 2280×1080
カメラ カメラ画素数 背面 約4800万画素+約1300万画素
カメラ画素数 前面
バッテリー バッテリー容量 5000mAh
インターフェース USB Type-C
システム OS Android 9
Soc Snapdragon™ 855
RAM 6GB
内部メモリー 128GB
外部メモリー microSDXC/最大2000 GB
機能 ワンセグ ×
防水・防塵 ×
おサイフケータイ ×
Bluetooth 5.0
認証 指紋/顔認証
WiFi 802.11a/b/g/n/ac
サイズ 高さ*横幅*厚さ 約159.1×約75.4×約9.1mm
重さ 約190g

 

Zenfone6の最大の特徴は、背面カメラが電動で回転して前面カメラになる最新機構を搭載していることです。

背面カメラが前面カメラになることから、前面カメラなのに、4800万画素+1300万画素と超ハイスペックな前面カメラになります。

また、前面にカメラがないため、完全な全画面になっています。

ノッチがなく、デザインを損ないません。

Socも、スナドラ855を搭載していますので、3Dゲームでも余裕でサクサク動きます。

更に、バッテリーは、お化け級の5000mAhあります。

ここまでハイスペックなのに、64,800円とかなりコスパが高いです。

詳細は、IIJmio公式サイトで確認できます。

ミドルレンジ

HUAWEI P30 lite

Huwei P30 lite

 

  Huawei P30 lite
分割払い 月々 ¥1,250
一括払い 一括支払い ¥29,800
基本情報 メーカー Huawei
発売日 2019年6月
Antutuスコア 138000
ミドルレンジ
画面 画面サイズ 6.15インチ
液晶 IPS液晶
解像度 1080 x 2312px (フルHD)
カメラ カメラ画素数 背面 約2,400万画素+約800万
+200万画素
カメラ画素数 前面 約3,200万画素
バッテリー バッテリー容量 3340mAh
インターフェース USB Type-C
システム OS Kirin 710
Soc Android™9
RAM 4GB
内部メモリー 128GB
外部メモリー microSD最大512GB
機能 ワンセグ ×
防水・防塵 ×
おサイフケータイ ×
Bluetooth 4.2
認証 指紋認証
WiFi 802.11a/b/g/n/ac
サイズ 高さ*横幅*厚さ 約152.9 x 72.7 x 7.4mm
重さ 約159g

 

世界第2位のスマホメーカー、Huaweiの最強コスパモデルです。

3Dゲーム以外は、サクサク動きます。
おサイフケータイ、防水、防塵には対応していませんが、完成度の高いスマホです。

Huaweiのスマホととにかくコスパが高いです。

本機種の最大の特徴は、超広角レンズ、広角レンズ、深度センサを搭載する、トリプルレンズです。

カメラマニアもびっくりするくらいの出来らしいです。
カメラで選ぶなら、間違いなく、P30 liteです。

他のスペックも問題なく、3Dゲームをしなければ、何も問題なく、2Dゲーム、動画閲覧、Web閲覧、LINEはサクサク動きます。

おサイフケータイが必須ではなくと、安く済ませたい方にオススメです。

詳細は、IIJmio公式サイトで確認できます。

ミドルレンジ

HUAWEI nova lite 3

HUAWEI nova lite 3
  HUAWEI
nova lite 3
分割払い 月々 ¥980
一括払い 一括支払い ¥22,800
基本情報 メーカー HUAWEI
発売日 2,019年2月
Antutuスコア 128555
ミドルレンジ
画面 画面サイズ 約6.21インチ FHD+
液晶 TFT
解像度 2340 × 1080
カメラ カメラ画素数 背面 約1300万画素+約200万画素
カメラ画素数 前面 約1600万画素
バッテリー バッテリー容量 3,400mAh
インターフェース USB Type-C
システム OS Android™9
CPU HUAWEI Kirin 710
RAM 3GB
内部メモリー 32GB
外部メモリー microSDスロット(最大512GB)
機能 ワンセグ ×
防水・防塵 ×
おサイフケータイ ×
Bluetooth 4.2
認証 指紋認証
WiFi 802.11a/b/g/n/ac
サイズ 高さ*横幅*厚さ 約155.2×約73.4×約7.95mm
重さ 約160g

 

世界第2位のスマホメーカー、Huaweiの最強コスパモデルです。

3Dゲーム以外は、サクサク動きます。
おサイフケータイ、防水、防塵には対応していませんが、完成度の高いスマホです。

カメラ性能も高いです。
Huaweiのスマホととにかくコスパが高いです。他の格安SIMは、もっと高い価格で販売されていますし、もともと、コスパの高いモデルなので、
私のイチオシモデルになります。

おサイフケータイが必須ではなくと、安く済ませたい方にオススメです。

詳細は、IIJmio公式サイトで確認できます。

エントリーモデル

AQUOS sense2

AQUOS sense2
  AQUOS sense2
分割払い 月々 1,250円
一括払い 一括支払い 29,800円
基本情報 メーカー シャープ
発売日 2018年2月
Antutuスコア 58786
エントリーモデル
画面 画面サイズ 5.5 インチ
液晶 IGZO液晶
解像度 2160×1080
カメラ カメラ画素数 背面 約1200万画素
カメラ画素数 前面 約800万画素
バッテリー バッテリー容量 2700 mAh
インターフェース USB Type-C
システム OS Android 8.1
CPU Snapdragon 450
RAM 3GB
内部メモリー 32GB
外部メモリー microSDスロット(最大512GB)
機能 ワンセグ ×
防水・防塵
おサイフケータイ
Bluetooth 4.2
認証 顔認証、指紋認証
WiFi 802.11a/b/g/n/ac
サイズ 高さ*横幅*厚さ 71x148x9.4 mm
重さ 155 g

 

安心国産メーカーのシャープのAQUOS sense2です。

優れているところは、おサイフケータイと防水、防塵に対応していることです。

処理能力は、Web閲覧とLINEくらいであれば、問題ありませんが、SNSでも、動画の多い、Instagramは結構きついと思います。

おサイフケータイと防水、防塵が必須の方にオススメしますが、必須でないならば、価格が安くスペックの高い、Huawei nova lite 3をオススメします。

詳細は、IIJmio公式サイトで確認できます。

人気シリーズ モトローラ moto g7 シリーズのスペックを比較

モトローラ moto g7
  moto g7 power moto g7 moto g7 plus
分割払い 月々 ¥1,050 ¥1,250 ¥1,500
一括払い ¥24,800 ¥29,800 ¥35,800
基本情報 メーカー モトローラ モトローラ モトローラ
発売日 2019年6月 2019年6月 2019年6月
Antutuスコア 110000 110000 110000
ミドルレンジ ミドルレンジ ミドルレンジ
画面 画面サイズ 6.2 インチ 6.24 インチ 6.24 インチ
液晶 LTPS液晶 LTPS液晶 IPS液晶
解像度 1520×720 2270×1080 2270×1080
カメラ カメラ画素数 背面 1200万画素 1200万画素+500万画素 1600万画素+500万画素
カメラ画素数 前面 800万画素 800万画素 1200万画素
バッテリー バッテリー容量 5000 mAh 3000 mAh 3000 mAh
インターフェース USB Type-C USB Type-C USB Type-C
システム OS Android 9.0 Android 9.0 Android™9
CPU Snapdragon 632 Snapdragon 632 Snapdragon 636 
RAM 4GB 4GB 4GB
内部メモリー 64GB 64GB 64GB
外部メモリー microSDXC(最大512GB) microSDXC(最大512GB) microSDXC(最大512GB)
機能 ワンセグ × × ×
防水・防塵 × × ×
おサイフケータイ × × ×
Bluetooth 4.2 4.2 5.0
認証 指紋認証 指紋認証 指紋認証
WiFi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
サイズ 高さ*横幅*厚さ 75.3×159.4×9.3 mm 75.3x157x7.92 mm 157×75.3xx8.27 mm
重さ 193 g 174 g 172 g

アメリカの大手通信機器メーカー、モトローラが発売している人気のg7シリーズ。
モトローラは、現在、Googleの参加にあり、Googleの純正スマホやタブレットを生産しているので、安心ですね。

moto g7シリーズには、moto g7 power、moto g7、moto g7 plusと3種類あるが何が違うのか横並びで比較してみました。

moto g7 plusがCPUが若干新しいので、処理能力が若干だが高い。
moto g7と、moto g7 plusは、ダブルレンズなので、カメラスペックがスペックアップしています。

moto g7 powerは、カメラはシングルなものの、バッテリー容量が5,000mAhとバケモノ級のバッテリーを搭載しています。

まとめると、

  • バッテリーで選ぶなら、moto g7 power
  • カメラと処理性能で選ぶなら、moto g7 plus
  • カメラがダブルレンズがよければ、moto g7 

といった感じですね。

詳細は、IIJmio公式サイトで確認できます。

 

最新の価格が反映できているとは、限りませんので、お手数ですが、詳細はIIJmioの公式サイトでご確認お願いいたします。

また、以下のページで、IIJmioの料金プランなどにてついて詳しく解説しています。