Ymobile(ワイモバイル)とLINEモバイルを徹底比較 向いてるのはどっち?

ワイモバイルとLINEモバイルの比較

スマホ代節約のために、格安SIMに乗り換えようと考えられてる方も多いと思います。

格安SIMは全部で、30社以上ありますので、どこにしようか迷ってしまいますよね。

ワイモバイルとLINEモバイルは、格安SIMの中で知名度がバツグンで、親会社がしっかりしているので安心です。

本ページでは、ワイモバイルとLINEモバイルを徹底的に比較しています。

もし、両社で迷っていましたら、どちらが自分に合っているか、判断できるように構成していますので、判断材料にして頂ければと思います。

同じソフトバンクグループ

あまり知られていませんが、実は、ワイモバイルもLINEモバイルも同じソフトバンクグループなんです。

ワイモバイルは、ヤフーが運営する格安SIMです。

LINEモバイルは、元々、メッセージアプリで有名なLINE株式会社が運営していましたが、2018年3月にソフトバンクが株式の51%を取得して、ソフトバンクグループになりました。

ただ、LINE株式会社も49%の株式を保有していますので、ソフトバンクとLINEが両社で運営しています。

同じグループで運営していますので、ユーザーが被らないように、特徴やターゲットにするユーザーが違っています。

ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイル、それぞれのターゲットユーザーは大まかにわけると、以下のようになります。

  料金 データ容量 速度
ソフトバンク 高価格 大容量 最大50GB 高速
ワイモバイル 中価格 中容量 最大 17GB 高速
LINEモバイル 低価格 SNSメイン 最大 10GB 中速

 

他にも違いがたくさんあります。

様々な事を考慮して、ワイモバイルに向いている方、LINEモバイルに向いている方は、以下のようになると思います。

ワイモバイルがオススメな方
  • 大手キャリアと同じ通信速度を求める方
  • 実店舗のサポートが必要な方
  • ソフトバンク光やPayPayなどソフトバンクのサービスを利用する方

 

LINEモバイルがオススメな方
  • SNSのヘビーユーザーの方
  • 料金を安く済ませたい方

 

 

それでは、ワイモバイルとLINEモバイルの違いを詳しく見ていきましょう。

Ymobile(ワイモバイル)の特徴

ワイモバイルは、ソフトバンクのブランドなので、通信速度が速く、安定していることが最大の特徴です。

ソフトバンクなどの大手キャリア3社と速度についてはほとんど差がありません。

格安SIMにありがちな、回線が混み合う、昼間や夕方でも速度が落ちることがないので、速度重視の方は、ワイモバイルがオススメです。

ソフトバンクと同じように、ソフトバンク光・ソフトバンクAirとのセット割引があったり、PayPayの還元率が2倍になったりします。

回線はソフトバンク回線のみになります。

また、全てのプランで10分かけ放題が付いてきます。

10かけ放題なしのプランはありません。

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルの最大の特徴は、SNS(LINE、Instagram、Twitter、Facebook)の利用がデータ消費にカウントされない、データフリーがあることです。

SNSは使い放題ということです。

SNSメインで、他の事はヘビーに使わない方は、LINEモバイルが圧倒的にお得になります。

SNSがデータ消費にカウントされないので、データ容量は、3GBあれば、ほとんどの場合十分に足ります。

3GB:1,690円/月

で、利用できちゃいます。

また、よくキャンペーンをやっていますので、9カ月間 1,000円割引になる時もあります。

1,000円引きだと、3GB+SNS使い放題で、690円になりますので、衝撃プライスですよね。

回線は、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線全てに対応していますので、好きな回線から選べるところも魅力です。

料金面を比較

色々なプランがありますが、もっとも一般的なプランで比較してみます。

  • ワイモバイル:10かけ放題付き
  • LINEモバイル:かけ放題なし、SNS(LINE、Instagram、Twitter、Facebook)使い放題
  ワイモバイル LINEモバイル
6カ月間 7カ月以降
3GB     ¥1,690
4GB \1,980 \2,680  
5GB     ¥2,220
7GB     ¥2,880
10GB     ¥3,220
12GB \2,980 \3,680  
17GB ¥3,980 ¥4,680  

 

ワイモバイルは、10分かけ放題がついていますので、その分高くなっています。

LINEモバイルで10分かけ放題をつける場合は、プラス 880円になります。

料金的には、LiNEモバイルのが安いですね!

LINEモバイルに10分かけ放題をつけた場合の料金は以下になります。

  ワイモバイル LINEモバイル
6カ月間 7カ月以降
3GB     ¥2,570
4GB \1,980 \2,680  
5GB     ¥3,100
7GB     ¥3,760
10GB     ¥4,100
12GB \2,980 \3,680  
17GB ¥3,980 ¥4,680  

 

10分かけ放題をつけると、互角の料金になります。

ただ、ワイモバイルは色々な割引があります。

割引を適用した場合は、ワイモバイルのがお得な場合が多いです。

ご自身のワイモバイルでの利用条件と照らし合わせて、料金を確認してみてください。

ワイモバイルのがお得な場合は、通信速度などを考慮すると、ワイモバイルにした方が良いと思います。

ワイモバイル おうち割光セット適用時

お家割り光

 

自宅のインターネット回線が、ソフトバンク光、または、ソフトバンクAIrだと、ずっと割引になります。

  プランS 4GB プランM 12GB プランR 17GB
お家割光 -500円 -700円 -700円

 

<割引適用した場合の料金>

  • ワイモバイル:10かけ放題付き
  • LINEモバイル:かけ放題なし、SNS(LINE、Instagram、Twitter、Facebook)使い放題
  ワイモバイル LINEモバイル
6カ月間 7カ月以降
3GB     ¥1,690
4GB \1,480 \2,180  
5GB     ¥2,220
7GB     ¥2,880
10GB     ¥3,220
12GB \2,280 \2,980  
17GB ¥3,280 ¥3,980  

ワイモバイル 家族割

ワイモバイルの家族割

2回線目以降が、ずっと500円割引になります。

ただ、おうち割光との併用はできません。

  プランS 4GB プランM 12GB プランR 17GB
家族割 -500円 -500円 -500円

 

<割引適用した場合の2回線目の料金>

  • ワイモバイル:10かけ放題付き
  • LINEモバイル:かけ放題なし、SNS(LINE、Instagram、Twitter、Facebook)使い放題

 

  ワイモバイル LINEモバイル
6カ月間 7カ月以降
3GB     ¥1,690
4GB \1,480 \2,180  
5GB     ¥2,220
7GB     ¥2,880
10GB     ¥3,220
12GB \2,480 \3,180  
17GB ¥3,480 ¥4,180  

 

ワイモバイルのがお得になりますね!

通信速度

格安SIMの場合、回線の混み合う、昼間や夕方は速度が落ちる傾向がありますが、ワイモバイルは落ち込むことなく、安定しています。

LINEモバイルはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線から選べ、速度も回線毎に変わってきます。

公平に同じ場所、同じ端末で測定した、各時間帯の速度を比較してみます。

2019年8月21日の測定結果

  8:15~
8:30
12:14~
12:45
19:00~
22:00
ワイモバイル
ソフトバンク回線
11.4Mbps 16..5Mbps 10.4Mbps
LINEモバイル
ドコモ回線
8.9Mbps 0.3Mbps 5.3Mbps
LINEモバイル
au回線
6.3Mbps 0.9Mbps 5.4Mbps
LINEモバイル
ソフトバンク回線
2.1Mbps 0.3Mbps 1.7Mbps

 

ワイモバイルは安定していますね。

LINEモバイルは、お昼に速度が落ち込みます。

快適にインターネットができる速度は、1Mbpsと言われています。

速度重視の方は、ワイモバイルがオススメです。

2019年8月21日の1日速度測定結果のグラフを載せておきます。

<ワイモバイル>

 

<LINEモバイル ドコモ回線>

 

<LINEモバイル au回線>

 

<LINEモバイル ソフトバンク回線>

 

上記の測定環境の場合、ワイモバイルの通信速度は、10~16.5Mbpsですが、私が使っている環境だと、90Mbpsを超える時もあります。

平均すると、40Mbpsくらいでています。

かなり早いですね。

ワイモバイルの通信速度

実店舗数

  • Y!mobileショップ:約1,000店舗
  • LINEモバイル:なし

LINEモバイルは実店舗はありません。

専用アプリで、チャットでのサポートになります。

ワイモバイルは、約1,000店舗と大手キャリアの約半分くらいの店舗数があります。

実店舗のサポートが必須の方は、ワイモバイルになりますね。

基本17項目

基本的な機能や、オプションを比較してみます。

*スマホの場合は、右にスクロールします。

  ワイモバイル LINEモバイル
最低利用期間 なし 1年
契約解除料 0円 1,000円
自動更新 なし なし
LINE ID検索 可能 可能
通話料 20円/30秒 10円/30秒
翌月データ繰越 なし あり
追加データ 500M/500円 500M/500円
1GB/1,000円
3GB/3,000円
データバックアップ 無料
容量無制限
なし
データシェア あり なし
データ超過後 低速速度 128kbps 200kbps
高速・低速切り替え 不可 不可
メールアドレス 無料
@ymobile.ne.jp
なし
デザリング 無料 無料
WiFiスポット 無料
約450,000箇所
200円
約49,000箇所
端末セット購入 自損保証 540円 450円 
持込端末 自損保証 なし 500円 
支払い方法 クレジットカード
口座振替に変更可
クレジットカード
LINE PAY
留守番電話 無料 200円
フィルタリング 無料 無料 iフィルター

最低利用期間・違約金

大手キャリアと同じように、縛りがあります。

  • ワイモバイルは、最低利用期間(縛り)なし、契約期間内の解約金は0円
  • LINEモバイルは、1年 契約期間内の解約金は 1,000円

ですので、ワイモバイルのが圧倒時に縛りが緩いです。

LINE ID検索

基本的に格安SIMは、LINEと年齢認証ができませんので、LINEのID検索が使えません。

格安SIMの中で、ワイモバイルとLIENモバイルだけ、LINE ID検索が使えます。

これは、2社だけの特典になります。

翌月データ繰越

LINEモバイルは、余ったデータを翌月に繰り越して使用することができますが、ワイモバイルはその月ので使い切りになります。

無駄なくデータを使いたい方は、LINEモバイルのがお得ですね。

追加データ

データ容量を使い切ってしまった場合は、低速モードでデータ通信できますが、高速通信した場合は、追加データを購入すると高速通信できます。

  • ワイモバイル:500MB/500円
  • LINEモバイル:500MB/500円、1GB/1,000円、3GB/3,000円

LINEモバイルは、最大3GBを一回で購入できますが、容量が多くても安くはなっていないので、500MBづつ購入するのが良いです。

データバックアップ

ワイモバイルは、無料でスマホ内のデータ(電話帳、写真、動画)をバックアップすることができますが、LINEモバイルはできません。

ワイモバイルのデータバックアップは、容量制限です。

万が一の時のために、バックアップは取っておきたいとおもいますので、この点はワイモバイルなら安心ですね。

家族でデータシェア

ワイモバイルは、データ容量を家族でシェアすることができますが、LINEモバイルはできません。

ただ、データ容量をプレゼントすることができますので、同じようなことはできます。

どちらも問題ないと思います。

データ超過後 低速速度

データ容量を超過してしまうと、自動的に速度が低速モードになります。

  • ワイモバイル:128kbps
  • LINEモバイル:200kbps

快適に使用するためには、1Mbps以上必要ですので、高速通信を続けたい方は、追加データを購入することになります。

高速・低速切り替え

データ消費を節約するために、低速モードに切り替えることができる格安SIMが多いですが、ワイモバイルとLINEモバイルはできません。

常に高速通信モードで使用することになります。

メールアドレス

家族や友人との連絡は、LINEが多いと思いますが、色々なサイトの会員登録する時などに、メールアドレスが必要になることがあります。

ワイモバイルは、無料で、「@ymobile.ne.jp」のメールアドレスが使えますが、LINEモバイルはメールアドレスがありません。

代替えとして、GmailやYahooメールなどのフリーメールを使用することになります。

登録するメールアドレスがGmailやYahooメールなどのフリーメールの場合、登録できないサイトもありますので、ワイモバイルにしておいた方が、安心だと思います。

デザリング

デザリングとは、パソコンをスマホを接続して、スマホのデータ通信で、インターネットすることです。

大手キャリアでは有料のオプションですが、ワイモバイルもLINEモバイルも無料で使うことができます。

外出時にパソコンでインターネットするときに役立ちます。

WiFiスポット

ワイモバイルもLINEモバイルも無料でWiFiスポットを使うことができます。

ただ、使えるWiFiスポットの数には差があります。

  • ワイモバイル:約450,000カ所
  • LINEモバイル:約49,000カ所

無料WiFiスポットを良く使う方は、ワイモバイルをオススメします。

端末セット購入 自損保証

スマホセットで購入した場合の、自損保証オプションです。

メーカー保証とは別に、自分で落として壊してった場合でも保証の対象になります。

ただ、月額オプション料とは別に、修理や交換してもらう際に必要がかかります。

  • ワイモバイル:月額540円 交換 7,500円~
  • LINEモバイル:月額 450円 交換 1回目 5,000円、2回目 8,000円

持込端末 自損保証

SIMカード単体で契約した場合の、スマホ自損保証オプションです。

LINEモバイルは、持込保証はありますが、ワイモバイルはありません。

料金は以下になります。

LINEモバイル持込保証:月額 500円 交換 1回目 4,000円、2回目 8,000円

 

ワイモバイルは持込の保証がありませんので、代替としてセゾンカードの携行品付帯保険をオススメします。

セゾンカードのオプション保険、Super Value Plus お買物安心プラン充実コース【Y】であれば、月額 300円で、自己負担額は、1,000円で保証が受けられます。

しかも、カードの年会費は永年無料のものもあります。

詳しくは、以下のページで説明していますので、リンクを貼っておきます。

【端末保証】iPhone・スマホが故障した時の携行品保険

2019-06-06

支払い方法

毎月のスマホ代の支払い方法です。

  • ワイモバイル:クレジットカード、開通後、マイページで口座振替に変更できます。
  • LINEモバイル:クレジットカード、LINE Pay

留守番電話

ワイモバイルの場合、無料で留守番電話が使用できます。

LINEモバイルの場合、ドコモ回線、au回線の場合、月額300円かかります。

ソフトバンク回線は無料となります。

細かいところですが、無料で付いてくるのは嬉しいですよね。

子供利用の利用制限(フィルタリング)

子供を有害なサイトから守るため、利用制限がかけられます。

ワイモバイル、LINEモバイル共に無料で利用することができます。

スマホはどんなサイトにもアクセスでき、どんなことでもできてしますので、
お子さんにスマホを持たせるとなると、不安ですね。

そんな時に役立つのがこのフィルタリングサービスです。

フィルタリングサービスを利用すれば、家族みんなで安心してスマホライフ送ることができます。

 

QRコード決済の特典

ワイモバイルは、PayPayのキャンペーンの還元率が2倍になるキャンペーンを良くやっています。

10%の場合、2倍になると20%になります。

10%の差はかなり大きいです。

LINEモバイルの場合、PayPay、LINE Pay共に特に特典がないです。

スマホ以外の買い物などで、トクしたい方は、ワイモバイルならかなり大きな特典があります。

まとめ

ここまで読んで頂ければおわかりと思いますが、
ワイモバイルは大手キャリアと同じ通信品質・サポートなのに料金が格安な大変お得な格安SIMです。

また、ソフトバンク光・ソフトバンクAirとのセット割引や家族割引で大変お得になります。

LINEモバイルは、SNS(LINE、Instagram、Twitter、Facebook)がデータ消費にカウントされないので、
SNSのメインユーザーで料金をミニマムにしたい方は大変お得な格安SIMになります。

ご自身に合った方を選び、お得な格安SIM生活を送って頂ければと思います。