Ymobile(ワイモバイル)のおすすめ機種(スマホ)を紹介

Ymobile(ワイモバイル)おすすめのスマホ

ワイモバイル オススメのスマホ紹介 5選

ワイモバイルのスマホは、ワイモバイル独自の機種があるところが、魅力です。

ただ、ソフトバンクと差別化を図るため、10万を越えるようなハイエンドのスマホは扱っていません。

iPhoneに関しては、iPhone7ですので型落ち機種になります。
iPhoneは使い切れないくらいの処理能力をもった、超ハイスペックマシーンです。

iPhone7でも、十分使えるスペックです。

機種をハイエンド、ハイミドルレンジ、ミドルレンジ、エントリーモデルにわけて紹介します。
因みに、ワイモバイルにハイエンド機種の取扱はありません。

各レンジで、できることの目安は以下になります。

  ハイエンド ハイミドル ミドル エントリー
重い3Dゲーム ×
普通の3Dゲーム
2Dゲーム
動画閲覧
Web閲覧
通常アプリ
LINE

◎:快適
○:普通
△:厳しい
×:かなり厳しい

ハイミドルレンジ

Android One X5

  Android one X5
分割 頭金 \0
月々 36回払い ¥1,177
月々 24回払い ¥1,765
実質価格 ¥42,350
一括 一括支払い ¥42,350
基本情報 メーカー LG
発売日 2018年 12月
カラー ニューモロッカンブルー
ミスティックホワイト
 
Antutuスコア 206920
ハイミドルレンジ
画面 画面サイズ 6.1インチ
液晶 IPSディスプレイ
解像度 3120x1440px (2K+,WQHD+)
カメラ カメラ画素数 背面 16MP, F値/1.6 
カメラ画素数 前面 8MP , F値/1.9
バッテリー バッテリー容量 3000mAh
充電ポート USB TypeC 2.0
システム OS Android 9.0 (Pie)
Soc Snapdragon 835
RAM 4GB
内部メモリー 32GB
外部メモリー microSD最大512GB
SIM NanoSIM
機能 ワンセグ ×
防水・防塵
おサイフケータイ
Bluetooth Bluetooth 5.0
認証 指紋認証
イヤホンジャック
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac
サイズ 高さ*横幅*厚さ 153 x 72 x 7.9mm
重さ 158g

【価格は税抜き】

ハイミドルレンジなので、これくらいの価格はしてしまいます。
参考までに、ソフトバンクから新発売される機種のほとんどは、使い切れないほどのハイエンド機種で、価格は12万円~16万円くらいします。

特に重たい、3Dゲームでなければ、問題なく、動作します。

普通の3Dゲーム、2Dゲーム、動画閲覧、Web閲覧、LINEはサクサクできるレベルです。

ゲームをやられる方は、この機種をオススメします。

画面も6.1インチの大画面で、バッテリーも3,000mAhと大容量です。
外出先で困ることもないと思います。

おサイフケータイ付きで、防塵、防水なので、ここもGoodかと思います。

詳細は、ワイモバイル公式サイトで確認できます。

 

iPhone7 128GB

iPhone7
  iPhone 7 128GB
分割 頭金 ¥0
月々 36回払い ¥1,177
月々 24回払い ¥1,765
実質価格 ¥42,350
一括 一括支払い ¥42,350
基本情報 メーカー Apple
発売日 2016年9月
カラー ブラック
シルバー
ゴールド
Antutuスコア 169593
ハイミドルレンジ
画面 画面サイズ 4.7インチ
液晶 Retina HDディスプレイ
解像度 1,334 x 750
カメラ カメラ画素数 背面 12MP , F値/1.8
カメラ画素数 前面 7MP 
バッテリー バッテリー容量 不明
充電ポート ライトニングケーブル
システム OS iOS 12
Soc A10 Fusionチップ
RAM
内部メモリー 128GB
外部メモリー 不可
SIM NanoSIM
機能 ワンセグ ×
防水・防塵
おサイフケータイ ×
Bluetooth Bluetooth 4.2
認証 指紋認証
イヤホンジャック
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac
サイズ 高さ*横幅*厚さ 138.3 x 67.1 x 7.1mm
重さ 138g

【価格は税抜き】

今更、iPhone7かという気もしますが、スペック的にはまだまだ、ハイミドルレンジに分類される機種です。

3Dゲームも問題なく、勿論、2Dゲーム、動画閲覧、Web閲覧、LINEはサクサク動きます。

画面が、4.7インチと小さく、前面に指紋認証のホームボタンのある機種です。
iPhone8までは、使い易いと評判で、iPhoneX以降の機種に変えないユーザーも多いです。

iPhoneが良いという方は、この機種がオススメです。

日本向けにカスタムされており、おサイフケータイ付き、防塵、防水仕様です。

高くても良いという方は、最新のSIMフリーiphoneが購入して、ワイモバイルで運用というのもよでしょう。

ただ、12万~17万円します。。。

詳細は、ワイモバイル公式サイトで確認できます。

ミドルレンジ

Huawei P30 lite

  Huawei P30 lite
分割 頭金 ¥0
月々 36回払い ¥540
月々 24回払い ¥810
実質価格 ¥19,440
一括 一括支払い ¥19,440
基本情報 メーカー HUAWEI
発売日 2019年 8月
カラー ピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
Antutuスコア 138329
ミドルレンジ
画面 画面サイズ 6.15インチ
液晶 TFT液晶
解像度 2160*1080(フルHD)
カメラ カメラ画素数 背面 24 + 8 + 2MP, F値/1.8 
カメラ画素数 前面 24MP , F値/2.0
バッテリー バッテリー容量 3,340mAh
充電ポート USB TypeC 2.0
システム OS Android 9.0 (Pie)
Soc Kirin 710
RAM 4GB
内部メモリー 128GB
外部メモリー microSDXC/最大512GB
SIM NanoSIM
機能 ワンセグ ×
防水・防塵 ×
おサイフケータイ ×
Bluetooth Bluetooth 4.2
認証 指紋認証、顔認証
イヤホンジャック
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac
サイズ 高さ*横幅*厚さ 153×73×7.5mm
重さ 153g

【価格は税抜き】

今、何かと話題のHuaweiのP30 liteです。
私はHuaweiファンなので、残念でしかたないです。
Huaweiは、Appleを抜き、世界シェアはサムスンに次ぐ、2位にまで上り詰めている、中国の通信機器メーカーです。

製品は、使えばわかりますが、すこぶる良いのにめちゃくちゃ安いのが特徴です。
決して、安かろう、悪かろうではなく、安かろう、めちゃめちゃよかろうです。

ただ、おサイフケータイはなく、防塵、防水ではないので、これが必須という方は、ハイミドルレンジのスマホにしたほうが良いと思います。

しかもカメラ性能はワイモバイルが扱う機種の中で最高峰です。

超広角レンズ、広角レンズ、深度センサを搭載する、トリプルレンズです。

カメラマニアもびっくりするくらいの出来らしいです。
カメラで選ぶなら、間違いなく、P30 liteです。

他のスペックも問題なく、3Dゲームをしなければ、何も問題なく、2Dゲーム、動画閲覧、Web閲覧、LINEはサクサク動きます。

詳細は、ワイモバイル公式サイトで確認できます。

エントリーモデル

Android oen S5

  Android one S5
分割 頭金 ¥0
月々 36回払い ¥359
月々 24回払い ¥538
実質価格 ¥12,895
一括 一括支払い ¥12,895
基本情報 メーカー シャープ
発売日 2018年 12月
カラー クールシルバー
ダークブルー
ローズピンク
Antutuスコア 57000
エントリーモデル
画面 画面サイズ 5.5インチ
液晶 IGZO IPS
解像度 2160*1080(フルHD)
カメラ カメラ画素数 背面 2MP, F値/2.0
カメラ画素数 前面 8MP
バッテリー バッテリー容量 2,700mAh
充電ポート USB TypeC 2.0
システム OS Android 9.0 (Pie)
Soc Snapdragon 450
RAM 3GB
内部メモリー 32GB
外部メモリー microSDXC/最大512GB
SIM NanoSIM
機能 ワンセグ ×
防水・防塵
おサイフケータイ ×
Bluetooth Bluetooth 4.2
認証 パスワード
イヤホンジャック
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac
サイズ 高さ*横幅*厚さ 148 x 71 x 8.1mm
重さ 149g

【価格は税抜き】

エントリーモデルになります。

おサイフケータイは付きませんが、防塵、防水仕様になります。

ゲームはせず、動画も、見ないならこの機種で問題ないです。

Web閲覧、LINEは普通にできます。

初めてスマホを持つ方や、子供が使うスマホにはオススメです。

詳細は、ワイモバイル公式サイトで確認できます。

かんたんスマホ

  かんたんスマホ
分割 頭金 ¥0
月々 36回払い ¥722
月々 24回払い ¥1,083
実質価格 ¥26,895
一括 一括支払い ¥26,895
基本情報 メーカー 京セラ
発売日 2018年8月
カラー ライトグルー
ライトピンク
シルバー
Antutuスコア 55376
エントリーモデル
画面 画面サイズ 5.0インチ
液晶 TFT
解像度 1,280×720(HD)
カメラ カメラ画素数 背面 13MP画素
カメラ画素数 前面 5MP画素
バッテリー バッテリー容量 2,600mAh
充電ポート USB TypeC 2.0
システム OS Android™ 8.1
Soc Snapdragon 430
RAM 3GB
内部メモリー 32GB
外部メモリー microSDXC™ / 最大256GB
SIM NanoSIM
機能 ワンセグ
防水・防塵
おサイフケータイ ×
Bluetooth Bluetooth 4.2
認証 パスワード
イヤホンジャック
WiFi 802.11 b/g/n
サイズ 高さ*横幅*厚さ 71×147×9.2mm
重さ 142g

【価格は税抜き】

60歳以上の方向けに、開発したスマホです。

スペックは正直高くないですが、アイコンが大きかったり、かんたん操作になっていて、初めてスマホを使う、60歳以上の方にオススメです。

おサイフケケータイは付きますが、防塵、防水ではありません。

Web閲覧、LINE、メール、電話するくらいは何ら問題ないです。

かんたん操作がよい方にオススメです。

以上が、私がオススメするスマホでした。

最新の価格が反映できているとは、限りませんので、お手数ですが、詳細はワイモバイルの公式サイトでご確認お願いいたします。

また、以下のページで、ワイモバイルの料金プランなどにてついて詳しく解説しています。